亜鉛の過剰摂取ってそんなに怖い?安心できる情報をゲットしてサプリ生活はじめましょ!

健康になりたい人、きれいになりたい人は亜鉛

健康でいたいし、きれいでもいたいな〜と思う人にお勧めしたいのが、亜鉛という栄養素です。

 

亜鉛は、ミネラルの一種でからだに良い効果を与える成分であることは分かっているんだけど、実際どんな効果があるのか?何を食べればいいのか?よく分からないというのが本音ですよね。

 

そこで、今回はそんな亜鉛のことが気になるけれど、詳しいことはあまりよく分からないという女性に向けてのサイトを作りました。
亜鉛の効果から、気を付けたいことなど、あまり知られていないことまで紹介したいと思います。
多くの女性が健康できれいでいるためにサポートすることができれば私も嬉しいです!

 

 

健康できれいに〜と言うと、20代〜40代くらいの女性のためのもの?と思われてしまう可能性があるのでいけませんね。
詳しくは、年齢は関係ありません。
できれば10代の女性も早くからはじめた方が、たくさんの効果を得ることが可能ですよ。
30代以上のママさんは、ママさん自身だけでなく、娘ちゃんのことを考えても親子で亜鉛摂取をお勧めしたいと思います。

 

そんな私も、娘には亜鉛をしっかり摂取させています。健康に勉強に必要な成分ですから、中学生や高校生もしっかり摂取した方がいいですね。

 

 

どうして亜鉛は不足してしまうの?

「亜鉛ってそんなに重要な役割があるのだったら、どうしてみんなちゃんと食事して摂ろうとしないの?」
そんな疑問、沸いてくるのも仕方ありません。
私も最初はそう思っていました。
「ちゃんと料理のメニューを考えて作れば、大丈夫なんじゃないのかな」って。

 

でも、いろいろと知るとそれは、中々ハードルの高いことだということも知ったんです。
いや〜最初はホントに簡単に考えていましたって。

 

 

そうなんです、亜鉛が不足してしまう理由には2つあるんです。

亜鉛を多く含む食材そのものがあまりないこと!
亜鉛を大量消費してしまうことがたくさんあること!

 

 

このふたつが不足してしまう理由なんです。食材については、なんとなく想像も付きますけど、大量消費してしまうことって何?意外と、そちらの方が気になったりしちゃいます。
私たちの毎日の生活の中に、亜鉛を大量消費してしまうことってたくさんあるから困ってしまいます。頑張って亜鉛を摂っても、これでは意味がないじゃん!!
そう思われるようなことばかり。

 

ストレス、激しい運動、体力を使う仕事、アルコールの大量摂取なんかが主な大量消費なんだけど、特にストレスが大きいとか言われています
「私、ストレスとは無縁だから〜」って、のんきに言う人もいるかもしれないけど、ストレスって本人があまり感じていないだけってことも多いみたいですよ。

 

亜鉛サプリで得られる効果 

 

亜鉛の過剰摂取はキケン 

それなら亜鉛たくさん摂取してもOK?

「私は、亜鉛を大量消費してしまうようなことばかりなんですけど、だったらいっぱい亜鉛摂った方がいいですよね!」
そんな風に自分のことを自己分析する人もいますよね。自分の生活を考えて、このような発言しちゃうんだろうけど、だからと言ってどこまで亜鉛いっぱい摂るつもりなの?
というような人もいたりします。

 

確かに、毎日ストレスいっぱいだったりすると、一般的な目安量でも足りないかもしれません。だからと言って、自己判断でいっぱい摂るっていうのもダメなんです。

 

 

 

それは、亜鉛っていう栄養素はたくさんの効果もあるけれど、たくさんの副作用もあるから。

 

「副作用があるの?!だったら、亜鉛摂るのちょっと怖いんですけど・・・。」って、急に怖気づいてしまうのは止めましょうね。
副作用っていうのは、摂取量や注意事項を守っていたら、まずは大丈夫だし、避けられることなんですから!
亜鉛を摂らないことの方がよっぽど副作用のことより恐ろしいですよ。

 

「ちゃんときまりを守って亜鉛摂るんだったら大丈夫なんですね!効果だけをしっかりゲットすることできますよね!」もちろんそのとおりで、副作用はあくまでも副作用、規定外のことをしなければまずは無関係ということで大丈夫なんです。

亜鉛の過剰摂取の副作用/その@頭痛・発熱

「一応、気になるんですよね、亜鉛の副作用ってどんなものがあるんですか?」
ちゃんときまりを守って亜鉛を摂るのだったら確かに無縁の話ではあるんですけど、基本的なことは知っておいた方がいいですよね。

 

「実は、亜鉛の副作用って意外とたくさんあるんですよ。」と言うと、だいたい驚かれてしまいます。
よくある副作用を中心に紹介しましょう。

 

【頭痛】

頭痛の副作用報告は結構多いようです。もともと頭痛もちという人は、どうしても副作用に頭痛というものを起こしやすい傾向はあるみたいですね。

 

頭痛には痛みの種類がありますが、どんな頭痛が起きるの?と、頭痛もちの人は気になりますよね。
亜鉛の過剰摂取で頭痛を起こした経験がある人に聞くと、ガンガンとする片頭痛のような頭痛ではなく、めまいを起こすようなふら〜っとするような頭痛だと言います。
激痛という部類では無いようです。と言っても、安心しないでくださいね。過剰摂取しちゃだめですよ。

 

過剰摂取してしまったら、サプリメントで健康にとかきれいになんていう話どころじゃなくなりますから。どうして亜鉛を摂ろうと思ったのか?そこをよ〜く考えてみて下さいませ。
まさに、初心忘るべからずってことが大切なんですよ。

 

 

亜鉛の過剰摂取の副作用/そのA全身倦怠感

亜鉛の副作用で全身倦怠感というものがあります。
倦怠感が起きると、何をするにも辛いですし、仕事や勉強も進まないということになりますよね。
よく、熱が出るときに全身倦怠感が訪れますが、座ったままで動けなくなったり、行動がスローになってしまいます。
いつもチャキチャキして行動が早い人はきっと一番嫌になる症状かもしれません。
それにしても、亜鉛の影響の大きいことにびっくりしちゃうんですけど、全身倦怠感なんていういかにも「あなたの全身を倦怠感でコントロールしちゃいました!」的な副作用まであるなんて、すごい威力だとちょっと感動しちゃいますね。
よい効果もたくさんあるからこそ、副作用が起きたときにも大きいってことなんだと理解しましょう。

 

【全身倦怠感】

風邪を引いたときとか、熱が出始めたときにからだがだる〜くなるあの感じですよね、嫌なものです。
最初は、どこかでウイルス感染しちゃったかな?と思ったんですけど、調子に亜鉛のサプリメント飲んだ自分のせいです。
サプリメントだったら大丈夫だろうって、勝手な自己解釈しちゃったのが間違いだったんですけど、もうしません。
妻にもすっごく怒られてしまいました!「救急車呼ぼうと思ったわよ!亜鉛のサプリメント飲んで排卵日に頑張ろうと思ったんですって恥ずかしくて言えないわ!」と、スミマセンでした。
このような夫婦もいるみたいですよ、皆さんも気を付けて。

 

 

亜鉛の過剰摂取の副作用/そのB脱水症状・嘔吐

亜鉛の副作用で、脱水症状とか嘔吐っていったいどんな風になっちゃうんだろう・・・?
なんか心配ですよね。

 

脱水症状というと、体内の水分がかなり少なくなる状態のことを言います。
「だったら、普段からしっかり水分補給していれば大丈夫だよね?」
と、まるで夏場の熱中症をイメージする人もいるかもしれませんが、ちょっと違います。
確かに、熱中症で体内の水分が不足してしまうことも脱水症状とは言いますけどね。

 

【脱水症状・嘔吐】

亜鉛の副作用の脱水症状と嘔吐は、体内に過剰摂取した亜鉛を外に出そうとするからだの反応が元で起きます。
下痢が続いたり、吐いたりするようなことを繰り返していると起きる脱水症状のことを指すんです。
そして、何度も嘔吐していると、胃液で口の中の粘膜が荒れたり、ただれたりするようなこともありますから、その都度うがいをしましょう。

 

うがいをして口の中の胃液をきれいにしたら、水分補給をしましょう。
脱水症状は、二次的な問題が起きるので注意が必要です。血液が濃くなってドロドロしたり、血圧が上がってしまったりと高血圧の人は特に危険です。

 

こんな辛い症状が起きてしまうのだったら、過剰摂取なんてしなければよかった・・・。過剰摂取の副作用が起きた人は共通して思うようです。

 

亜鉛サプリで得られる効果 

 

亜鉛の過剰摂取はキケン 

関連したサイト

亜鉛サプリの効果≪しっかりした亜鉛サプリを選べばこんな良いことが!≫・・・亜鉛サプリの効果について詳しく書かれたサイトです。
亜鉛の過剰摂取について≪飲みすぎは危険!?≫・・・亜鉛の過剰摂取による症状例、過剰摂取の副作用を引き起こす亜鉛の量などの解説